文化財・文化遺産
区分で絞り込む
キーワード
種別

宮川町のエノキ

宮川町のエノキ
区分 市指定
種別 天然記念物
員数 1樹
大きさ 胸高囲4m 根囲10m 樹高約20m
所在場所 宮川町
公開・非公開
none
none

地図

詳細

幹は2本のエノキが合体したかのような形状を呈している。その幹のうち東の幹は特に発達がよく上部で三本に分枝し、北部及び東部・南部にわかれてよく枝が伸びている。

樹勢は極めて旺盛で、しかもほとんど手が加えられておらず、南へ伸びている枝は大きく垂れ下がり、すばらしい形態を示している。

エノキはニレ科の落葉性高木で、樹皮は灰色、葉は互生し広卵形で4~8cm。4~5月ごろ淡黄色の細花が咲く。雄花と雌花は異花で、果実は球状。径は0.7cm程で橙色に熟し食べられる。

この木の幹が合体形のため、昭和10年(1935)頃までは「子授け榎」として信仰の対象とされたこともあったが、今は全くみられない。

ページのトップに戻る