文化財・文化遺産
区分で絞り込む
キーワード
種別

津島神社のイチョウ

津島神社のイチョウ
区分 県指定
種別 天然記念物
員数 2樹
大きさ 旧御旅所樹(馬場町):胸高囲5.4m 根囲10m 樹高30m/境内樹(神明町):胸高囲5.3m 根囲4.8m 樹高25m
所在場所 神明町・馬場町
公開・非公開
none
none

地図

詳細

2樹とも県内屈指の巨樹であり、共に雄木である。馬場町の木はかつての天王川西堤旧御旅所にあったもので現在の神社正参道の天王通に面し、樹勢はすこぶる盛んである。

神明町の木は東参道の鳥居脇にあり、前者より多少小さいが大木である。幹からは俗に「ちち」とよぶ気根が何本も垂れ下がり、大きいものは1mを超え地中にまで達している。

もともと実のならない雄木は大木が少ないが、この木は『尾張名所図会』にも「牛頭天王の神木」と記されており、大切に保護されて今日に至った。なおこの木の根元に実生で生じた二本の幼樹が、今では成樹となり、そのうち1本には毎秋かなりの銀杏がなる。

ページのトップに戻る