文化財・文化遺産
区分で絞り込む
キーワード
種別

津島神社道標

津島神社道標
区分 祖先の遺産
種別
員数 1基
大きさ -
所在場所 本町
公開・非公開
none
none

地図

詳細

本町通りから橋詰町に入る北西角に、大石柱の津島神社参宮道の道標が建っている。

明治29年尾西鉄道が開通した年に、氏子の浅井代次郎氏が寄附したものである。大正3年尾西鉄道が名古屋鉄道に買収され、駅を今市場通りに設けてから、この鉄道を多く用いることとなり、参拝者の多くは、今市場通りから本町を経て橋詰で西へ折れ、神社へ出たが、天王通りの開設とともに駅を移転した結果、今日では裏通りとなっている。

ページのトップに戻る