文化財・文化遺産
区分で絞り込む
キーワード
種別

天王川公園の景観

天王川公園の景観
区分 祖先の遺産
種別
員数 1件
大きさ -
所在場所 宮川町地内
公開・非公開
none
none

地図

詳細

この公園の池は、木曽川の支流旧佐屋川水系に属し天王川と称していたのが公園名となっている。

公園両側の自然堤防と川の一部を利用して作られた公園の景観は、かつての天王川としての河川の面影を残しており、中之島は天王川の流れが激しかった川底に砂洲が発展成長したものの名残りである。

両側の堤防の樹木のうち、クロマツ、アキニレ、ムクノキ、エノキ、カワヤナギなどの大木は、今も木曽川の堤防でよく見られる樹木と同じで、かつてこの地方が木曽川の支流であったことを示している。

この他、銅像付近と中地にはカジノキが生育しており貴重である。池中には透明鱗のギンブナを始めチョウセンブナなど珍しい淡水魚も生育している。

ページのトップに戻る