文化財・文化遺産
区分で絞り込む
キーワード
種別

立山社、白山社社叢

立山社、白山社社叢
区分 祖先の遺産
種別
員数 1件
大きさ -
所在場所 百町
公開・非公開
none
none

地図

詳細

鎮守の森の一つで、津島市にある数少ない自然状態に近い叢である。

この社叢の中心をなすのは、胸高囲直径50cm、樹高約15mのケヤキとムクの2本の樹木を中心にツバキ、クロガネモチ、アオキ、サカキ、ヤブニッケイなどの樹木が照葉樹林を形成している。この他クロマツ、イヌマキ、サツキ、ソメイヨシノ、ヤマモミジ、イブキなどが植栽されて美しさを添えている。これらの植物は、野鳥に絶好の生息場所と食料の供給源となっている。津島市の日光川付近に見られる自然状態の社叢として貴重である。

ページのトップに戻る