文化財・文化遺産
区分で絞り込む
キーワード
種別

妙延寺

区分 未指定
種別 その他の文化遺産
員数 -
大きさ -
所在場所 今市場町
公開・非公開
none
none

地図

詳細

日蓮宗。山号は津島山。本尊は法華経題目宝塔。

元は真言宗で津嶋山高乗坊と称したが、寛正5(1464年)日蓮宗に改宗し、妙延寺と改めた。

加藤清正が幼少時代、津島村上河原の叔父の家に寄寓していた頃に妙延寺で読み書き、手習いを習ったといい、境内には清正が双紙を掛けたと伝わる清正双紙掛の松があった。

ページのトップに戻る