文化財・文化遺産
区分で絞り込む
キーワード
種別

山櫻一千本の碑

区分 未指定
種別 その他の文化遺産
員数 -
大きさ -
所在場所 片町
公開・非公開
none
none

地図

詳細

天王川公園の堤防は江戸時代には氷室豊長が、明治11年12月に加藤儀兵衛、佐脇平三郎、眞野傳左衛門らが、昭和初期には柿屋組二七翁や津島町、住民有志によって桜が植樹された。

これは明治11年12月に山櫻千本を増植したことを記念して建てられた碑。明治42年には富永新吾の寄附により楓も植樹された。

ページのトップに戻る