文化財・文化遺産
区分で絞り込む
キーワード
種別

津島秋祭小中切山車(今市場の山車)

津島秋祭小中切山車(今市場の山車)
区分 市指定
種別 無形民俗
員数 -
大きさ -
所在場所 今市場町
公開・非公開 可 10月第1日曜日とその前日
none
none

地図

詳細

古くは陰暦8月2日、氏神大土社の祭日に曳いた山車である。起源は明らかではないが、『張州雑志』にも絵図として記されており、既に天明年間(1780年代)以前に整備されていたことは明確である。

現在は10月第一土のその前日の尾張津島秋祭にまちを練る。

大幕・水引幕:大幕は猩々緋 水引幕は黄緑地に鳳凰と狂獅子

からくり人形:住吉明神 二層上段中央に神官が立っていて、四方を拝してから上体を前に倒したかと思うと住吉明神の社に変身し、また、たちまちのうちに前に神官に戻る。七変化からくりである。

ページのトップに戻る