文化財・文化遺産
区分で絞り込む
キーワード
種別

明治天皇埋田御小用所跡

明治天皇埋田御小用所跡
区分 市指定
種別 史跡
員数 -
大きさ -
所在場所 埋田町
公開・非公開
none
none

地図

詳細

明治元年9月26日、明治天皇は桑名をご出船、焼田港(現在の弥富市荷之上町)に上陸された。

佐屋宿にてご昼食の後、佐屋路を通って津島追分にかかられた折、埋田町地内でご小用を足された。

後年、この地に椿の枝をさしておいたところ根を生じて生育したので、これを記念して明治18年、大地主神社が造られたといわれている。

ページのトップに戻る