文化財・文化遺産
区分で絞り込む
キーワード
種別

真野時綱の墓

真野時綱の墓
区分 市指定
種別 史跡
員数 1基
大きさ -
所在場所 弥生町
公開・非公開
none
none

地図

詳細

真野太郎太夫時綱(慶安元~享保2/1648~1717)は通称縫殿之介。晩年に蔵六翁、藤浪翁などと号す。心廓了堂居士は法名。津島神社の神官家太郎太夫家に生まれ、若くして向学の志篤く、18歳で京都に遊学。久我雅通、卜部兼魚等に師事した。35歳で家業を継いだ後も京都へ行き来し、勉学を続けた。

著書に『古今神学類編』(102巻)『藤波私記』『元禄注進記』などがある。

ページのトップに戻る