文化財・文化遺産
区分で絞り込む
キーワード
種別

氷室作太夫家住居

氷室作太夫家住居
区分 市指定
種別 建造物
員数 3棟
大きさ 277㎡
所在場所 片町
公開・非公開
none
氷室作太夫家住居 氷室作太夫家住居
none

地図

詳細

母屋、長屋、門、中庭 277㎡

附 門塀1棟、棟札2枚、古図2枚

天王社(現在の津島神社)の社家(神職家)は、幕末には30家を数えたが、明治維新における制度の改革によって、転職した家も多く、嘉永2年(1849)に建てられた当家を除いては、社家の旧態を遺す建物は他には見られない。

旧社家は御師として太夫名を称し、地方に信徒(檀那)をもち、信徒が参宮の際は自宅に宿泊させ神楽を行った。この建物にはその旧態がよく遺されていて、歴史的にも貴重である。

ページのトップに戻る