文化財・文化遺産
区分で絞り込む
キーワード
種別

道標 津島一里塚

道標 津島一里塚
区分 未指定
種別 道標
材質・形状 アルミ製角柱
none
none

地図

詳細

津島追分から分かれて、津島神社道に入り、一の鳥居をくぐって600メートル程来た街道両側のところに一里塚があった。北側の塚の高さは1.8メートル、南北8.8メートル、東西6メートルの楕円形の小山であったが今はここ清光院(寺内に双葉幼稚園がある)の境内になっている。大正時代までは塚の中央に大きな赤松があって、根元には狐がすんでいたといわれる穴があり稲荷の祠もあった。南側の塚は街道に沿って流れていた小川の南にあり、北塚よりやや小さくその上にエノキが植っていた。昭和のはじめ耕地整理と道路整備のため取り去られて、今はその跡もみられない。

ページのトップに戻る