文化財・文化遺産
区分で絞り込む
キーワード
種別

道標 愛宕追分

道標 愛宕追分
区分 未指定
種別 道標
材質・形状 アルミ製角柱
none
none

地図

詳細

埋田の津島追分から「佐屋の渡し」に向かう佐屋路の途中、江戸時代の終り頃から往来がはげしくなった旧蟹江街道が分岐していた。昭和30年代まではここに石の「道標」があったが、その文ははっきりしていない。建てられたのは明治初年といわれ、「津島神社近道」と書かれていたとも言われている。今では、津島追分から南への佐屋路は、耕地整理などでほとんど無くなっているが、愛宕町地内にその一部が残っている。

ページのトップに戻る