文化財・文化遺産
区分で絞り込む
キーワード
種別

道標 神守の一里塚

道標 神守の一里塚
区分 未指定
種別 道標
材質・形状 アルミ製角柱
none
none

地図

詳細

佐屋路の一里塚の一つで、県道の脇にその跡が残っている。

北側は今でもこんもりとした小山になっていて、その上に大きなムクの木が茂っている。南側は民家の庭になっていて、通りからは、その跡が見られない。

明治時代には人力車の置き場があって、近くの人達が時々使っていたとのことである。当時の塚の大きさは北側の塚が東西7.3メートル、南北6.7メートル、高さ1.5メートルの楕円形の小山、南側の塚は長径5.5メートル、短径4メートル、高さ1.4メートルの小山であった。

ページのトップに戻る