文化財・文化遺産
区分で絞り込む
キーワード
種別

道標 旧上街道(本町・市神社)

道標 旧上街道(本町・市神社)
区分 未指定
種別 道標
材質・形状 アルミ製角柱
none
none

地図

詳細

旧上街道は今の兼平、北町、米之座をへて市神社(市神様)を通り本町通へと入っていった。市神社ではその名のように色々な生活品の市が開かれた。この街道は堤上の道で、ここから西に下った所には米や石材などの船着き場があって、このあたりを「揚げの切」とよんだ。湊町津島の北の端だった所で、国指定の天然記念物「大ムク」の木は、そのころ船頭らの目印になったといわれている。

ページのトップに戻る