文化財・文化遺産
区分で絞り込む
キーワード
種別

道標 旧上街道(天王通り)

道標 旧上街道(天王通り)
区分 未指定
種別 道標
材質・形状 アルミ製角柱
none
none

地図

詳細

織田・豊臣時代から、清州・甚目寺・木田・勝幡、そして、津島へと通じる道(旧上街道)が利用されていた。街道筋に見られる町並みはかつての様子をよく残している。特に、天保年間には伊勢参りをかけた「天王お蔭げ参り」の道として記録にもその様子がよく残されている。「津島参らねば片参り」といわれた時代、佐屋路と共に中心的な街道であった。今では天王通にその主座が移ったが、「本町通」の名は当時栄えていた町並みであることを示している。

ページのトップに戻る