文化財・文化遺産
区分で絞り込む
キーワード
種別

道標 堀田邸付近

道標 堀田邸付近
区分 未指定
種別 道標
材質・形状 アルミ製角柱
none
none

地図

詳細

国指定の重要文化財となっている堀田邸から北へは、津島神社の社家の家屋敷が多くあった所で、町名は今でも「祢宜町」とその跡をあらわしている。今市場・橋詰町をへて、神社へ向かう本通りの一角でもあり、また、「伊勢参り」の人々の通り道でもあった。今では県道の拡幅事業のため、堀田邸は北西に少し移されたが、正徳年間(1711~16)の建築で、愛知県下における町家づくりの一遺例として重要視されている。

ページのトップに戻る