文化財・文化遺産
区分で絞り込む
キーワード
種別

道標 天王川東堤

道標 天王川東堤
区分 未指定
種別 道標
材質・形状 アルミ製角柱
none
none

地図

詳細

木曾川から分かれた佐屋川の支流である天王川は古くから水上の交通路として利用されていた。東・西堤も荷物や人の行き来の街道としてにぎわったといわれ、その名残の松並木が今も残っている。東側中ほどで入江になっている所は、皆戸、舟戸の町名があり、木材などの船荷の積み下ろし場であった。今は天王祭の車楽の準備や待ち場所として使われている。

ページのトップに戻る